baffo店舗写真
baffo店舗写真


通りでひときわ目を引く
あざやかなブルーの
エントランスが目印。

baffo店舗写真
 
トラットリア「バッフォ」は、黒川氏がオーナーシェフを務める鮮魚を取り入れた料理が自慢のイタリア料理店。
まずお店に入ったら、黒板に書かれたメニューをチェックしてみて下さい。
二十にも及ぶ日替わりのアラカルトの多くは、毎朝、オーナーシェフ自ら築地で仕入れたばかりの新鮮な魚介類を使った料理が並びます。
中でも外せないのは薪窯焼き料理。
薪でスモークした魚や肉は、特有の香りと風味が素材にしみ込み、他では味わえない自慢の一品です。
その他、<フォアグラのソテーと焼きリゾット(\1,680)>、<岩手産白金豚のあみ焼き(\2,280)> などの定番オリジナルメニューも好評。
一品一品に、「よい素材をいちばんおいしい形で」という思いがこめられています。

baffo黒板メニュー

←20に及ぶ日替わりのメニュー
まずはここをチェックして!


シャラン鴨とグリーンマスタード・ピンクペッパーマリネ
(\1,380)

白子のセモリナフリット・トマトピカンテソース
(\1,280)

etc・・・

上段左→
鯛のカマの薪窯焼き
(\2,280)

下段右→
北海ボタンエビと焼きリゾットのクリーム煮

baffomenu
オーナーシェフ 黒川俊男 オーナーシェフ 黒川俊男
日本イタリア料理協会会員

おいしい料理とくつろげる空間を誰よりも大切にするオーナーシェフ。
お客様とお店との距離が近いのも、オーナーの人柄によるものであろう。

月2回、日曜日は銀座と横浜でイタリア料理の講師もしている。